脱毛による痛みや刺激の感じかたと対処法

脱毛の痛みは発生する熱に対するもの

光脱毛やレーザー脱毛は、照射される光が黒い色に反応をして毛根にダメージを与えることで毛の再生力を奪う脱毛方法です。基本的に毛根にのみ作用するもので肌には影響のない光ではありますが、ダメージを与える際に毛根に強い熱を加えることになるため、その際に毛に接している肌が刺激を受けることになります。
脱毛の痛みは人によって耐性にも違いがあることから、一概にどの程度と言うことはできません。ですがよく、ゴムで弾かれたようなバチンとした痛み、油が跳ねてしまったような痛みと表現されます。いずれにしても照射の際の一瞬のものです。

痛みを感じやすい部位について

脱毛の光は色に反応してしまうことから色素沈着している部位は刺激を受けやすくなり、皮膚の薄い部位は敏感に反応してしまいます。ですので、ヒザやヒジや足の付け根などの黒ずみやすい部位、神経がたくさん通っている顔は痛くなりやすい傾向にあります。
特に敏感でデリケートなVIOラインは、皮膚も薄い上に他の部位に比べて皮膚の色が濃いため、痛いと感じるかたが多い場所です。

痛みへの処置

痛みを軽減させるために、施術の前には毛根に加える熱の影響が必要以上に肌に伝わらないように、部位を冷やしてから行います。また施術後にも充分に冷却処置が必要です。冷やすことによって痛みはかなり軽減されますし、怠ってしまうと火傷の症状が出てしまいますので重要です。
威力の弱い光脱毛は痛みを感じにくく、高い効果を見込めるレーザー脱毛はその代わりに強い刺激を感じやすくなります。ですが、レーザー脱毛は医療機関で受けるものですので、希望すれば麻酔クリームの処方も可能です。
費用や痛みのへの耐性を考慮した上で、脱毛方法を選択するといいでしょう。